『HOPE』

ボイスドラマ化プロジェクト


原案:音葉ネリ

『HOPE』って何?

音葉ネリが二次創作を行った、ボボボーボ・ボーボボのオムニバス小説。
原作沿い、二次オリ、ギャグ、シリアス、など様々な作品が入り乱れている
フリーダムでハジケすぎている作品。

『二次オリ』って何?

その名の通り二次創作+オリジナル創作のこと。
設定や背景は原作作品を使用しつつ、そこにオリジナルのキャラが存在している。
大好きな作品にうちのこがいる、というなんとも素敵な創作である。

『DEAD or ALIVE』について

先に説明した『HOPE』に収録されている、二次オリが活躍するお話。
全ての元凶はこのお話。ボイスドラマ化したいのも、これである。
『デスゲームに参加させられた真拳使いと、普通の青年がバディを組んで逃げる』
という内容で、作者があまりにも気に入ってしまったためifルート話がたくさんある。

音葉ネリって誰? 

 一次創作と二次創作とエッセイとハムスターを反復横跳びしながら、
いろいろ書いている一応文字書きの人。
ボイスドラマはドがつくほどの初心者。

ツイッターはこちら
  音葉ネリ(@aster_107) / Twitter 

シリーズ紹介

『HOPE』

上で説明してきた通り、全ての元凶。
『DEAD or ALIVE』収録。

その他に彼らは
どのような人生を歩んできたのか?
を記した『幕間劇』も収録している。


 HOPE - BOOTH 

『泉の森』

もし、彼らが突然時空ホールに
飲み込まれて、
別の世界に飛ばされてしまったら?
というifルート。

うちの創作キャラの女の子二人と
わちゃわちゃしながら
森生活を堪能しつつ
ほのぼの新鮮な生活を送るルート。

泉の森 - BOOTH 
(ただいま在庫切れ)

『HOPELESS CYCLE』

もし、フィルが自分たちの命を守るために
○○していたら?というifルート。

R-18です。BLです。凌辱ものです。
大丈夫な方はぜひ読んでください。
苦手な方は控えた方がいいかな。

しかし、音葉ネリの作品の中でも
傑作というジレンマを抱えている。

 HOPELESS CYCLE - BOOTH